2012年12月16日

東京 世田谷 世田谷区立郷土資料館 季節展「ボロ市の歴史」

【世田谷ボロ市】毎年12月15・16日、1月15・16日の4日間開催される世田谷のボロ市。2012/2013年は435周年にあたる歴史のある伝統の市で、骨董類、古着、植木から玩具、日用雑貨、食料品など、多種多様な700近くの露店が軒を連ねる。詳細はこちら
【ボロ市会場マップ】メイン会場は代官屋敷を中心としたボロ市通り(中央病院から郵便局の約500m)。世田谷駅で降り、ボロ市通りを歩いて上町駅から帰るコースがお勧め。各日20万人近くの人で賑わう。東京都指定無形民俗文化財に指定されている。
【世田谷区立郷土資料館】代官屋敷敷地内にあり、原始・古代から現代までの世田谷の歴史と文化に関する資料を展示している。入場は無料。
【エントランス】昭和39年の開館後、昭和62年に多目的室、特別展示室を設けた新館が増築され、現行の規模になった。年数回企画展も行われる。
【大山道標】郷土資料館入口付近には、相模国の御嶽である大山詣をするときに通る大山街道の道標が保存展示されている。
【庚申塔・地蔵】道教の庚申信仰に基づいて建てられた石塔や地蔵、奥には青面金剛と「見ざる、言わざる、聞かざる」の三猿神などが建つ。
【1F閲覧室】世田谷区に関する歴史・民俗資料などを収集・保存し、2000点以上の古文書が保管されている。新館にはビデオ視聴のコーナーもある。
【季節展「ボロ市の歴史」】ボロ市の時期の例年12月から1月にかけて開催される企画展。「楽市掟書」など関連資料を展示して、その歴史を紹介。
【2F特別展示室】江戸時代のボロ市の様子を記した書き付けや当時売られていた日用品の復元展示。
【ボロ市のジオラマ】江戸時代のボロ市の様子を再現したジオラマ。
【代官屋敷小屋組模型】世田谷代官屋敷の主屋の小屋組模型。建物の屋根を支えるための骨組みや内部の間取りなどもみることができる。
【2F常設展示室】世田谷区内で出土された石器、土器や、世田谷にゆかりの深い絵画、文書などの資料が常設展示されている。
【稲荷塚古墳】世田谷区は、都内でも有数の遺跡密集地で、古墳時代の稲荷塚古墳の模型の展示。
【野毛大塚古墳石棺】古墳時代の野毛大塚古墳の組合式箱型石棺の原寸大のレプリカ。
posted by 日本の秘湯 at 12:50 | 口コミ情報(0) | 小旅行関東 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この温泉の口コミ情報
口コミ情報を書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

口コミ情報: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認した口コミ情報のみ表示されます。

ピックアップ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。