2009年11月15日

鹿児島 指宿温泉 砂むし会館砂楽

住所鹿児島県指宿市湯の浜5-25-18 電話0993-23-3900
泉質ナトリウム-塩化物泉(高張性中性高温泉)
風呂の種類砂蒸し湯 男女別内湯
料金日帰り入浴 大人 900円 子供 500円(浴衣料込)(温泉のみ 大人 600円 子供 300円)
日帰り入浴8:30〜21:00(平日12:00〜13:00は清掃のため受付中止)
日帰り設備休憩処○ 食堂○(軽食) 駐車場○
営業期間無休
地図を表示マップ
URLhttp://www11.ocn.ne.jp/~saraku/saraku00.htm
旅行日2009/11/15

【砂むし会館砂楽】薩摩半島の南部に位置し、南国の雰囲気が漂う指宿名物の市営天然砂むし温泉。温泉の熱で温められた砂を体にかけ入浴を楽しむ。
【外観】道路沿いに綺麗で立派な会館がある。駐車場は案内板に従って歩いて2分ほどの場所。
【エスカレータ】エスカレータで2階にあがると受付がある。
【2F玄関】玄関を入ると左手に受付とその横に特産品コーナー、中央に大きな休憩ホールがある。
【2F受付】受付ロビーで料金を払い、入浴説明を聞き砂むし用の浴衣を借りる。初めてでも説明してくれるので安心。自分で用意するのは手拭いだけ。
【1Fホール】浴衣を受け取って、吹き抜けの階段かエレベーターで1F脱衣室へ。階段には昭和の頃の砂むし風景の写真などが掲示してある。右が男湯、左が女湯入口。
【1F脱衣所】脱衣所で専用の浴衣に着替える。有料のコインロッカーもあるので貴重品はこちらへ。
【1F砂むし場出口】タオルを持ち案内板に従って、ビーチサンダルを履いて砂むし場へのある浜辺へ。
【全天候型砂むし場】海のすぐ近くにある雨天や満潮時でも入浴できる全天候型砂むし場。12〜15名収容できるマスが七基ある。浴衣に着替えたらボードウォークを歩いて砂浜へ。
【砂むし湯】屋根がかかってる砂浜にたくさんの人が砂をかけられた状態で寝転がっている。砂は黒っぽく思ったよりも粒が大きい。
【砂むし湯】頭のところにタオルを敷いてもらい、言われるがまま寝転ぶとスコップで砂をかけてくれる。1回かけるごとにずしんずしんと体に響く。砂の重みと暖かさが気持ちがいい。
【波打ち際砂むし湯】大潮の干潮時には波打ち際の砂むし湯も楽しめる。砂浜には「干潮になると波うちぎわから85℃の温泉が湧き出ます」と注意を促す看板がある。
【1Fシャワー室】入り口には浴衣を入れるボックスや砂を洗い流すシャワールームがある。
【大浴場】その奥には内湯があり、シャンプー・石鹸もあるので砂を綺麗に洗い流せる。黄色がかった透明、ツルンとする肌触りの湯だ。

posted by 日本の秘湯 at 11:35 | 口コミ情報(0) | 鹿児島県の温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月16日

鹿児島 霧島丸尾温泉 前田温泉カジロが湯

住所鹿児島県霧島市牧園町高千穂3914 電話0995-78-4126
泉質単純温泉(低張性中性高温泉)
風呂の種類男女別内湯 男女別露天風呂 サウナ 足湯(100円)
料金宿泊 素泊り2,835円〜(税込)
日帰り入浴 大人 330円 子供 130円 幼児 70円(タオル石鹸シャンプーは有料)
日帰り入浴7:00〜21:00
日帰り設備休憩処○(個室 入浴料込4時間1名1,050円要予約) 食堂○(喫茶) 駐車場○(30台)
営業期間無休(喫茶は木曜休)
地図を表示マップ
URLhttp://www.maedasangyo.com/
旅行日2009/11/16

【霧島温泉郷】霧島温泉郷は、霧島山中腹に点在する硫黄谷温泉、明礬温泉、栄之尾温泉、林田温泉、丸尾温泉、栗川温泉の温泉群。丸尾温泉は霧島温泉郷の中心的存在で霧島温泉と呼ばれることもある。
【カジロが湯】霧島温泉郷丸尾温泉の中心、丸尾三叉路にある霧島温泉で唯一の日帰り温泉施設。後ろの白い建物は霧島国際ホテル。
【受付】銭湯と同程度の値段で入れるのが嬉しい。
【入口】入口を入ると広い板敷きの脱衣所があり、100返却式ロッカーと脱衣カゴが置いてある。
【待合所】湯上がりの牛乳の自動販売機が傍に、また駐車場の一角には有料だが足湯もある。
【露天風呂】岩組の小さめの露天風呂は、小さい分湯が新鮮でサラリとした肌触りが心地良い。湯はうっすら青味を帯びた微白濁のもので硫黄臭がする。

posted by 日本の秘湯 at 07:45 | 口コミ情報(0) | 鹿児島県の温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

関連コンテンツ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。